Goodな生活

Goodな生活

それは、いきあたりばっちりな人生。being good and haphazard.

MENU

【読書】モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関

モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関 (集英社文庫)作者:落合 信彦発売日: 1984/09/20メディア: 文庫 きっかけ 著者によってイスラエルの諜報機関・モサドの元幹部へのインタビューが行われている。こんなことができる日本人がいるのかと驚いた。…

Estimand, Eatimator, Estimatesの違い

はじめに 統計学や計量経済学の文献ではおなじみの、Estimand, Estimator, Estimatesの違いについてのメモです。 Estimandとは 例えば、「コロナ禍によって企業の経営状況は悪化するのか」という問題を考えるとします。コロナ禍(休業要請等による製品やサー…

【映画】なぜ君は総理大臣になれないのか

観たきっかけ 先輩に勧められたもの。大島新監督による17年間にわたる小川淳也衆議院議員のドキュメンタリー。特に制作手法が映画関係者間で評価が高いと聞いた。政治家版の情熱大陸みたいなものか面白そう、という気持ちで映画館に向かった。 感想 非常に興…

【山形・朝日町】ホストファミリーとの再会

約6年振りに山形を訪れた。先日部屋の掃除をしていたところ、出し損ねた古い手紙を見つけた。それは2014年、僕が大学4年次に参加した内閣府東南アジア青年の船事業(SSEAYP)でお世話になった、山形のホストファミリーに宛てたものだった。当事業の一環で4日…

【Mostly Harmless Ch.3.4.3】平均への回帰

はじめに この記事では、回帰の言葉由来や、平均への回帰(regression to the mean)を扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.3"Why is Regression Called Regression and What Does Regr…

【Mostly Harmless Ch.3.4.2】非線形モデルと限界効果

はじめに この記事ではTobitやProbit等の非線形モデルと限界効果(marginal effects)を扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.2"Limited Dependent Variables and Marginal Effects"を参…

【Mostly Harmless Ch.3.4.2】COP効果

はじめに この記事では、平均処置効果の構成要素の一つであるCOP効果(Conditional on Positive Effects)を扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.2"Limited Dependent Variables and Ma…