Goodな生活

経済学→環境コンサル→データサイエンティスト

歴史と自然科学が存在するありがたみ『一九八四年』

甘んじることでもなく、諦観でもなく、すがすがしく自らの変化を受け入れる主人公の、なんとも言えない幕引きだった。結局、過去に起こった大半の出来事は我々は直接経験したものではない。何らかの記録や伝承や考古学の知見によって発見、再構築されていく…

『宇宙からの帰還』

立花隆の本は「小林・益川理論の証明」に続いて2冊目。宇宙飛行士の内的経験にフォーカスしたインタビュー集。地球の美しさ、かけがえのなさ、争うことの愚かさについて実際に宇宙に行った人の言葉で語られると説得力がある。確かZOZOの前澤友作も同様の発言…

『ガラス玉演戯』

4月初めから7か月かけてようやく読み終えた。読者に没頭感と疎外感を交互に味わわせるような作品だった。3月にロックバンドQUEENの展示に行ったとき、ブライアン・メイの好きな著作として紹介されていたのが本作で、すぐさま購入して読み始めた。ヘルマン・…

【2022年9月】統計検定準1級の受験振り返り

先月統計検定準1級を受験しました。2021年7月の受験(不合格)から1年2か月、なんとか合格できました。あと大問1つ間違えていたら不合格だったので、本当にぎりぎりのラインです。www.goodnalife.com やった対策 試験1ヵ月前の8月末から『統計学実践ワークブ…

人工史観の小説『団塊の世代』

成田悠輔氏のYouTubeで紹介されていて気になった本。「団塊の世代」という呼称はこの小説が由来らしい。国の成長や景気を考えるとき、その国の人口構成によって大部分が説明される。当たり前と言えば当たり前だが、この大前提に立って初めて意味のある施策を…

【統計検定準1級】質的回帰

Logitモデル Probitモデル 参考文献 Logitモデル 線形回帰モデルの場合、量的変数であるを予測するのに、のとる値に制限がない。が0もしくは1の値をとる二値変数であり、が1をとる確率を予測する場合、以下の構造をもつロジスティック回帰モデルを用いる。と…

『青春を山に賭けて』偉人もこのように目標を立てたのか

兼ねてから読みたいと思っていた一冊。小学生の頃に豊岡の記念館を訪れたことがある。当時ボーイスカウトをやっていたこともあり、何となく登山家や冒険家には親しみを抱いていた。文面から著者の純粋さ、人懐っこさ、すなわち挑戦を応援されるに資する人間…

エネルギー管理士試験(熱分野)・受験振り返り

先週受験したエネルギー管理士試験の振り返りです。 どうも勉強に身が入らず、ほとんど準備できないまま本番を迎えてしまった。試験当日もバスに遅れ、猛暑の中タクシーを探して試験会場に向かった。しかも電卓やシャーペンを忘れる(かろうじて鉛筆はもって…

淡路(2009)『データ同化』練習問題2.1

解答例 (2.16)の導出 解析誤差共分散行列(本文(2.9))を以下のように変形する。本文(2.12)を0とおく(の対角成分(解析誤差分散)の最小化問題を解く)と、(2)を(1)に代入すると(2.16)を導出できる。 (2.15)の導出 重み行列は、本文(2.14)と付録(A.11)の逆…

『世界2.0』メタバースにおける国境と資源

仮想空間上に「新しい生態系を作る」ことは、物理空間における土地や資源の奪い合いから切り離された社会(生態系)を作ること。だとすると限られたパイを奪い合うことはなくなるのか。ひいては戦争が起こることはなくなるのか。1918年第一次世界大戦後に米…

淡路(2009)『データ同化』練習問題1.3

(1.21)、(1.22)式を使って(1.23)式を導出する。 最後の式展開は二項目がゼロになることを用いた。 参考文献 データ同化―観測・実験とモデルを融合するイノベーション作者:淡路 敏之,池田 元美,石川 洋一,蒲地 政文京都大学学術出版会Amazon

淡路(2009)『データ同化』練習問題1.2

前回に引き続き淡路(2009)の練習問題を解いてみました。ベイズ推定における事後確率分布を具体的に求める問題です。 解答例 (1.20)の条件付き確率は(1)のように表すことができる。(1.20)の分子を、2変数が正規分布に従う場合の条件付き密度関数を使って表す…

淡路(2009)『データ同化』練習問題1.1

淡路他(2009)「データ同化」の練習問題1.1を解いてみました。 解答例 [i] 推定値は以下の式で表され、バイアスをもつ。 (a) 推定値の誤差分散は、以下のように表される。の誤差相関が0の仮定を用いた。 (2)を最小にするを求める。(3)をについて解くと、最適…

『生物から見た世界』主体か外力か

『暇と退屈の倫理学』で紹介されていたユクスキュルによる「環世界」についての本。 www.goodnalife.com 客観的な環境や時間というものは存在せず、生きた主体、すなわち人間や他の生物によって知覚される世界と作用するものによって、それぞれの環世界を構…

「フォーリン・アフェアーズ・リポート」に地政学と気候変動の最新動向を読む

2021年の8月号から月刊誌「フォーリン・アフェアーズ・リポート」を年間購読を開始しました。この雑誌は米外交問題評議会(CFR)が発行する国際政治経済ジャーナル「Foreign Affairs」の日本語版です。中身は大学教授やシンクタンクの職員による国際情勢、国際…

【2022年5月】統計検定2級受験振り返り

先週の土曜日に統計検定2級を受けてきました。結果は無事合格、だったのですが本当に合格点ぎりぎり。手放しでは喜べません。簡単に振り返りを書きます。 やったこと 試験結果 これからやること やったこと 試験3日前から勉強を始めました。統計検定2級は201…

1級小型船舶操縦士の免許取得

GWの5日間で1級小型船舶免許の教習に行ってきました。4日間の学科と1日の実技を終え、無事免許を取ることができました。実際に船を操舵できるかどうかはともかく(というか一日の教習だけでは無理です)、海洋国家に暮らす一人間として学べるものが多かった…

『組織化の社会心理学』多義性の削減とGo cover faces

組織化の社会心理学作者:カール・E. ワイク文眞堂Amazon初めて手に取ったのは大学時代。急に思い出して読みたくなった。特に印象深いのは以下の2点。 多義性の削減 組織化(organizing)とは意識的な相互連結行動(interlocked behaviors)によって多義性(equivo…

チェーンソーによる伐木等の業務に関する特別教育の受講

昨年に参加した登山道整備プログラムで教えてもらったチェーンソー講習。昨年末に申し込み、やっと受講しました。 1日目 学科 午前と午後で3時間ずつ。配布されたテキスト、スライド、DVDを観ながら伐倒や退避の方法、チェーンソーの構造についての座学。印…

地表面積あたりのエネルギー密度の比較

2018年に発表の米国の論文。エネルギー種別の地表面積あたりのエネルギー密度を推計した研究。 John van Zalk, Paul Behrens,The spatial extent of renewable and non-renewable power generation: A review and meta-analysis of power densities and thei…

バイオリンを1年間練習して結婚式で弾いた

2020年12月に「ニューシネマパラダイス」を弾こうと一念発起してバイオリンの練習を始めました。そして約1年後の2021年12月、せっかくなら何か人前で弾く機会がほしいと思い、自分の結婚式で演奏しました。1年間(ムラはあったものの)それなりに練習を続け…

2021年に読んだ22冊+観た3本

明けましておめでとうございます。2020年に引き続き、2021年に読んだ本・観た映画を振り返ります。読んだ本は2020年は21冊だったので、毎年せいぜいこれくらいのペースなのかもしれない。沖縄関係の4冊以外はほとんど人から勧められた本でした。本屋には頻繁…

ホテルオークラ第31期ワインアカデミー

ホテルオークラのワインアカデミー第31期「各国ワインの捉え方」(全4回)に参加しました。4回の受講が無事終了したため、感じたことを簡単にまとめます。日常的にワインを飲む習慣や、何か資格取得の必要などはまったくなく、「教養としてワインを知ろう」…

2020年に読んだ21冊+観た1本

2020年に読んだ本と観た映画の紹介です。そもそもですが読んだ本、観た映画の定義が人によってかなり違う気がします。本なら紙の書籍、映画なら映画館で観る必要はなく、Amazonなどのサブスクを利用すれば全編にわたって目を通さなくても好きな箇所だけ楽し…

『Python実践データ分析100本ノック』を2周やってみて調べたこと

Python実践データ分析100本ノック作者:下山輝昌,松田雄馬,三木孝行秀和システムAmazon「とりあえずPython勉強しないとやばい」という焦りと勢いに任せ、100本ノック(正確には60本ノック)やりました。 第1,2章のデータ加工、第3-5章の機械学習、第10章の言…

北海道・大雪山での登山道整備プログラムに参加した

皆さま、登山道整備という言葉を聞かれたことはありますか。私もこのプログラムに参加して知ったのですが、読んで字のごとく登山者の歩く道を整備・保全する活動です。2021年7月~9月にかけて北海道・大雪山での登山道整備に参加したので、気づきや学びを簡単…

実験計画法(5)2水準の直交表

直交表とは 実験に用いる因子の数が多くなると、水準との組み合わせの数が増え、必要な実験回数が増えてしまう。例えば因子が10個、水準が2つの場合、因子と水準との組み合わせの数はとなり、少なくとも回の実験が必要になってしまう。企業の製品開発などで…

【2021年7月】統計検定準1級の受験振り返り

統計検定を受験しました 試験の手ごたえ やったこと これからやること CBT方式が始まってた 統計検定を受験しました 先月6月21日(日)統計検定準1級を受けてきました。2020年の試験が新型コロナウイルス対策のため中止になり、今年の受験に向けてゆるゆると…

実験計画法(4)分割法

分散分析、乱塊法に引き続き実験計画法についてのメモ。 分割法の考え方 完全無作為法による1次因子の繰り返し 乱塊法による1次因子の繰り返し 分割法の検定精度 参考文献 分割法の考え方 あるコーヒー農園で次のような実験を行う。3つの品種(A,B,C)と2つ…

実験計画法(3)乱塊法

乱塊法の構造式(モデル) 乱塊法の検定精度 参考文献 乱塊法の構造式(モデル) 乱塊法では実験条件が同一であるブロック因子を、実験結果に影響を与える1つの因子だと考える。分散分析の構造式にブロック因子を足せばよい。一元配置分散分析の構造式は、 …