Goodな生活

Goodな生活

2017年、新卒で民間シンクタンク入社。学んだこと、考えたことの記録。

MENU

【統計検定準1級】自己回帰(AR)モデル(2018年6月過去問)

はじめに この記事では代表的な時系列モデルであるARモデルについて扱います。統計検定準一級の2018年6月の過去問を解きながら理解を深めます。 目次 はじめに ARモデル ホワイトノイズ 定常性 自己相関と偏自己相関 自己相関 偏自己相関 Rで可視化 過去問解…

【統計検定準1級】クラスター分析(2017年6月過去問)

はじめに この記事では統計検定準1級レベルのクラスター分析について扱います。内容の多くは2017年6月の過去問を参考にしています。まずは統計検定準1級の出題範囲表を確認します。だいたい以下の内容が抑えられればよしとしましょう。 大項目 小項目 項目例…

【燕岳~大天井岳~常念岳】初アルプス縦走での気づきメモ

先日初めてアルプス登山に挑戦しました。初アルプス、初縦走、初テント泊です。今回準備したもの、今後準備した方がよいものをメモします。 目次 今回準備したもの・持ち物 寝具 調理器具・食べ物 衣類 靴 身の回りの物 その他 今回準備したもの・持ち物以外…

【読書】モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関

モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関 (集英社文庫)作者:落合 信彦発売日: 1984/09/20メディア: 文庫 きっかけ 著者によってイスラエルの諜報機関・モサドの元幹部へのインタビューが行われている。こんなことができる日本人がいるのかと驚いた。…

【統計学用語】Estimand, Eatimator, Estimatesの違い

用語の定義 Estimand (推定対象):関心のあるパラメータ Estimator(推定量):Estimandを導出するためのアルゴリズム Estimates(推定値):Estimatorの出力値 OLSにおけるEstimand, Estimator, Estimates 単回帰を最小二乗法(OLS)で推定する場合のEsti…

【映画】なぜ君は総理大臣になれないのか

観たきっかけ 先輩に勧められたもの。大島新監督による17年間にわたる小川淳也衆議院議員のドキュメンタリー。特に制作手法が映画関係者間で評価が高いと聞いた。政治家版の情熱大陸みたいなものか面白そう、という気持ちで映画館に向かった。 感想 非常に興…

【山形・朝日町】ホストファミリーとの再会

約6年振りに山形を訪れた。先日部屋の掃除をしていたところ、出し損ねた古い手紙を見つけた。それは2014年、僕が大学4年次に参加した内閣府東南アジア青年の船事業(SSEAYP)でお世話になった、山形のホストファミリーに宛てたものだった。当事業の一環で4日…

【Mostly Harmless Ch.3.4.3】平均への回帰

はじめに この記事は、平均への回帰(regression to the mean)を扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.3"Why is Regression Called Regression and What Does Regression-to-the mean M…

【Mostly Harmless Ch.3.4.2】非線形モデルと限界効果

はじめに この記事ではTobitやProbit等の非線形モデルと限界効果(marginal effects)を扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.2"Limited Dependent Variables and Marginal Effects"を参…

【Mostly Harmless Ch.3.4.2】COP効果

はじめに この記事では、平均処置効果の構成要素の一つであるCOP効果(Conditional on Positive Effects)を扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.2"Limited Dependent Variables and Ma…

【Mostly Harmless Ch.3.4.2】制限従属変数

はじめに この記事では制限従属変数(Limited Dependent Variable;LDV)を扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.2"Limited Dependent Variables and Marginal Effects"を参考にしていま…

【Mostly Harmless Ch.3.4.1】重み付け回帰

はじめに この記事では重み付け回帰(加重回帰;weighting regression)を扱います。詳細には踏み込まず、簡単な説明に留めます。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.1"Weighting Regression"を…

【読書】沈まぬ太陽

沈まぬ太陽(一~五) 合本版作者:山崎 豊子発売日: 2015/03/20メディア: Kindle版 きっかけ 先輩と飲みに行ったときに勧められてkindle版を購入。初めて読む山崎豊子作品。 感想 第一、二巻「アフリカ篇」はかなり楽しく読めた。第三巻「御巣鷹山篇」の中盤…

TOEFL対策用オンライン英語レビュー【Z会】【Best Teacher】

昨年から今年にかけて、会社の福利厚生制度を使ってオンライン英語サービスを受講しました。どちらもTOEFL iBTのライティング対策です。せっかくなので私見でレビューします。Z会はどちらかと言うと上級者向け、ある程度英作文力が備わった人がさらにレベル…

【読書】ヒルズ 挑戦する都市

ヒルズ 挑戦する都市 (朝日新書)作者:森 稔発売日: 2019/02/07メディア: Kindle版 きっかけ 先輩に勧められたもの。Kindleで購入。 メモ 著者は元経団連理事の森ビル創業者の森稔氏。都市空間作りへの想いが語られている。まだまだ理想とする姿には達してい…

【沖縄・浦添】浦添ようどれ

アクセス 沖縄県浦添市。ゆいレールの那覇空港駅から浦添前田駅下車。徒歩10分ほどで到着。 覚え書き 浦添城(グスク)の跡地。小高い丘になっている。沖縄戦当時、上陸した米国軍と日本軍の激戦地となった場所。米軍は浦添城一帯をハクソー・リッジ(弓鋸の…

【読書】吃音:伝えられないもどかしさ

吃音: 伝えられないもどかしさ作者:近藤 雄生発売日: 2019/01/31メディア: 単行本(ソフトカバー) きっかけ 先日数年振りに再会した大学の同級生に勧められたもの。彼は昨年度会社を辞め、現在言語聴覚士を目指し学校に通っているらしい。この本は彼のキャ…

会社員人生で初めて社内勉強会を開催した

まとめ リモートワークの普及と会議の設定コストの軽減 社内での情報発信 専門性とは相対的なもの 勉強会を開催してみて気づいたこと まとめ 本日の記事のまとめです。 リモートワークの普及によって、会議の設定コストが軽減される。 したがって、自分の得…

【読書】教養としてのアート 投資としてのアート

教養としてのアート 投資としてのアート作者:徳光 健治発売日: 2019/04/12メディア: 単行本 きっかけ 先輩に勧めてもらったもの。6月末まで無料で全文が公開されている。240ページとそこまで分量がないのでさらっと読める。https://tagboat.tokyo/collectori…

【読書】砂の女

砂の女 (新潮文庫)作者:公房, 安部メディア: 文庫 きっかけ 先輩に勧められたもの。 安部公房は高校生のときの現代文の教科書で読んだ「赤い繭」以来。 メモ 砂の不毛は、ふつう考えられているように、単なる乾燥のせいではなく、その絶えざる流動によって、…

【統計検定準1級】ブラウン運動

はじめに この記事では、ブラウン運動のさわりについて扱います。統計検定準1級の出題範囲のうち、確率過程の基礎に該当するトピックです。 小項目 項目例 確率過程の基礎 ランダムウォーク、ポワソン過程、ブラウン運動 はじめに ブラウン運動とは ブラウン…

【統計検定準1級】マルコフ連鎖

はじめに この記事ではマルコフ連鎖(Markov chain)を扱います。統計検定準1級の出題範囲表の一部です。 大項目 中項目 項目(学習しておくべき用語)例 マルコフ連鎖と確率過程の基礎 マルコフ連鎖 推移確率、既約性、再帰性、定常分布 だいたいこれくらい…

【統計検定準1級】回帰診断

はじめに この記事では、回帰分析を行うとき、誤差項の仮定が成立しているかどうかを評価する、回帰診断(regression diagnosis)について扱います。統計検定準1級レベルの内容です。 目次 はじめに 誤差項の仮定 回帰診断 ①予測値に対する残差のプロット ②…

【統計検定準1級】系列相関の検定方法と対処法

はじめに この記事では時系列モデルにおける系列相関(serial correlation)の検定方法と、系列相関の疑いがあるときの対処法について扱います。ダービー・ワトソン(Durbin-Watoson)比(検定)、コクラン・オーカット法に関する、統計検定準1級レベルの内…

自分自身の人生を生きる

多分、人生が変わった。3日前、5月13日(水)の夜、自分に転機が訪れたのだと思う。シンプルに結論を言うと、これからはもっと自分自身の人生を生きる、という話。一昨日と昨日はまだ転機の余韻が残っていて、頭がふわふわしたような、地に足のつかない、根…

【Mostly Harmless Ch.3.3.3】職業訓練による賃金効果の推定(回帰分析vs傾向スコアマッチング)

はじめに この記事では、職業訓練による賃金効果(因果効果)の推定ついて扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.3.3"Propensity Score Methods versus Regression"を参考にしています。 目…

実数の連続性の公理

はじめに この記事では実数の連続性(continuity of real numbers)の公理について扱います。大学レベルの数学や大学院レベルの経済学を学ぶには、実数全体の集合をより厳密に定義する必要があります。高校数学では実数を「循環するものもしないものも含めた無…

ストレングスファインダーを受ける

きっかけ ストレングスファインダーとは、自分の強みや特性を明らかにするための心理テストのようなものです。akioblogさんのブログ記事の中で紹介されており、興味をもちました。Amazonで英語版の本を購入し、PC上でテストを受けました。日本語版も出版され…

【読書】アメリカ民主党の崩壊2001-2020

アメリカ民主党の崩壊2001-2020作者:渡辺 惣樹発売日: 2019/12/24メディア: 単行本 きっかけ 2020年2月、先輩に勧められてKindle版を購入。 メモ オバマ新政権は、イラク戦争は成功だったとする解釈を前提にした外交を開始した。それがヒラリー外交(アラブ…

【読書】暇と退屈の倫理学

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)作者:國分 功一郎発売日: 2015/03/07メディア: 単行本 きっかけ 学部時代の恩師にずっと前に勧められたもの。ようやく去年購入し、本棚に積読になっていた。 感想 3月の第4週目からテレワークが始まった。通勤のため…