Goodな生活

経済学→環境コンサル→データサイエンティスト

チェーンソーによる伐木等の業務に関する特別教育の受講

昨年に参加した登山道整備プログラムで教えてもらったチェーンソー講習。昨年末に申し込み、やっと受講しました。

1日目 学科

午前と午後で3時間ずつ。配布されたテキスト、スライド、DVDを観ながら伐倒や退避の方法、チェーンソーの構造についての座学。印象に残った箇所は、

  • 林業は危ない。チェーンソー使用時の労災が多いらしい。講師の方の周りにも何人か亡くなった人がいると聞いた。10m弱の木が倒れる時に人間に当たれば即死。後継者問題に悩む事業者が多いと聞いたことがあるが、お金が問題というより危険すぎるのではと思った。
  • チェーンソーは内燃機関の構造を学ぶのによい。シリンダの模型を見ながら吸気・圧縮・爆発・燃焼・排気が行われている。2サイクルと4サイクルの違いがあると知った(バイクに乗る人にとっては当たり前か)。
  • プライベートな話を盛り込むと講習が面白くなる。自分が仕事で講習を行うときに参考になる点があった。

2日目 学科+実技

午前は振動障害、関係法令に関する座学。午後は部屋を変え、班に分かれてチェーンソーのチェーン交換とやすりを使った目立てを行う。

3日目 実技

野外にて一日実技。班に分かれ、玉切り(上・下)、出会い切り、箱切り、突っ込み切り、受け口切り、追い口切り、伐倒を行う。木くずが体に降り注ぐため、ナイロン素材の服を着ていった方がよい。

  • 玉切り上から切る場合は無理に力を入れない。チェーンソーの自重で落とす。
  • 追い口切りは先の刃が下がりがち。地面と平行になるように切る。

講習終わりに見た空師・熊倉純一さんのビデオが面白かった。

3日間の講習を無事終えると「労働安全衛生法による特別教育修了証」がもらえる。一応資格を取ることができたが、ちゃんと使えるようになるには実践経験を積まないといけない。今回は材木を平地に固定して切ったが、実際に山の中で作業する場合は地面に傾斜があり踏ん張りにくい。また現場までの行き帰りの山道で体力を奪われもする。