Goodな生活

Goodな生活

環境エネルギー分野のシンクタンク職員による統計学や計量経済学のメモ、読んだ本、たまに登山や音楽の話。

【バイオリン練習】安く快適に練習を始めるための準備

バイオリンの練習を始めるために行った準備(環境構築)について書きます。

バイオリンの選び方

購入 or レンタル?

前回の記事のバイオリンの先輩のアドバイスを聞き、吉祥寺のシャコンヌさんでバイオリンをレンタルすることにしました。安いバイオリンを買ったとしても、結局作りが雑なため調弦ができなくなったり、最悪壊れてしまうケースもあると聞きました。一定のクオリティ以上のバイオリンを安く使うにはレンタルが良いだろうと。

シャコンヌさんでは、月6,000円でバイオリン本体+弓+ケースが借りれます。もちろんメンテナンスの行き届いたバイオリンです。レンタル代は初月が6,000円、2か月目から5か月目が5,400円。以降レンタル期間が長くなるにつれて、代金が徐々に安くなります。レンタル期間が終わった後に、同等クラスのバイオリンを購入する場合に、支払った代金を頭金として使えるとのこと。ちなみに私が借りたバイオリンは20万円相当するらしいです。店内で色んなクラスのバイオリンが試し弾きできます。

私のようなバイオリン初心者はまずはレンタルから始めるのがよいかもしれません。飽きたら途中で辞めればいいですし、自分専用の楽器が欲しくなったら買えばよい。さほど初期投資をかけず、柔軟に判断できますよね。

実際に支払ったのは24,000円。内訳は、

  • レンタル代(2か月分)・・・11,400円
  • 保証金(レンタル代2か月分相当)・・・11,400円
  • 松ヤニ ・・・1,200円

です。

www.chaconne.info

f:id:good_na_life:20201226152747j:plain
ソフトケースの外見
f:id:good_na_life:20201226152735j:plain
ケースの中身

エレキ or クラシック?

バイオリンの中にもエレクトリック(エレキ)、サイレント・バイオリンという種類があります。当初はエレキバイオリンの購入を考えました。エレキだと音の出力がクラシックと比べて小さいため、自宅でも練習できると思ったからです。そこで訪れたのが新宿の黒澤バイオリンさん。日本で唯一のエレキバイオリンの専門店です。店員さんに聞いたところ、エレキバイオリンの取り扱い店は世界でも珍しく、英国、米国、日本(新宿)にしかお店がないそうです。コロナ前は中国や東南アジアからエレキバイオリンの購入のために来店されるお客さんも多かったそうです。エレキバイオリンは、ギターやベース等、アンプを介する軽音楽器と遜色なくセッションするために用いられるものだそうです。

店内で試し弾きをしてみたところ、エレキと言ってもバイオリンはバイオリン。そこまで静かではありませんでした。やはり弓と弦の設置面積が多く、どうしても摩擦が発生するためでしょうか。どのみち自宅では練習できないと分かりました。

www.kurosawaviolin.com

エレキ・バイオリンにはエフェクターを通して色んな音色が出力できる良さがあります。要は自分がどのようなジャンルの音楽を弾きたいかによるのだと思います。私はニューシネマパラダイスの曲を弾きたいだけですし、どちらかと言うと軽音楽器ではなく、管弦楽器と合わせてみたいと思っていたので、エレキは選びませんでした。

調弦とチューナー

調弦は未だに正しいやり方が分かっていません。先輩と練習する際に代わりにやってもらっています。

チューナーは買う必要はありません。スマホアプリを使えば事足ります。

Simply Tuner - バイオリン、チェロ、ビオラ

Simply Tuner - バイオリン、チェロ、ビオラ

  • Mango Future
  • ミュージック
  • 無料
apps.apple.com

練習曲

バイオリン練習生ならだれでも知っている?有名な教本を教えてもらいました。「鈴木バイオリン」の1巻です。15の練習曲の楽譜が載ってます。まずは1曲目の「きらきら星」を練習することにしました。ちなみにこの「鈴木バイオリン」、定価が3,500円となっていますが昔は2,000円程度だったそうです。あと本の中のモデルの男の子も日本人から黒人の子に変わっているそうです。グローバル化が進んでいるのでしょうか。


YouTubeには鈴木バイオリンの練習用動画があります。しばらくはこちらの動画のひとみ先生の音を耳に叩き込みます。
www.youtube.com

練習場所

ここ3週間ほどで何ヵ所か練習場所を試した結果、個人練習の時は音楽スタジオのnoah、複数人で練習するときは公共施設(区民センター等)が良いと分かりました。あくまで暫定版です。カラオケも一店舗だけ試しましたが、鏡がない、周りの部屋の音が聞こえるので集中しにくい、等の理由でファーストチョイスにはなりません。鏡の有無が大事なのは弾き方(フォーム)の確認をするためです。

公共施設
音楽スタジオ
カラオケ
値段 1,000円/2h 600円/h 1,200円/h
営業時間 ~17時半まで ~23時まで ~22時まで
予約のしやすさ スマホで予約可
(システムの利便性は高くない)
2~4h単位
スマホで予約可。
30分単位
予約不要。
1h単位
練習環境 鏡あり。 鏡あり。
集中できる。
店内うるさい。
鏡なし。
マイクがあるとつい歌ってしまう。

www.studionoah.jp

以上、バイオリン練習を始めるための準備でした。読んでいただいてありがとうございます。