Goodな生活

Goodな生活

環境エネルギー分野のシンクタンク職員です。統計学や計量経済学の学習メモ、読んだ本や映画、たまに登山や音楽の話。

100円のコーヒーと1000円のコーヒー

100円で飲めるコンビニのコーヒー。短い時間で機械が豆を挽いて抽出までしてくれる。画期的な仕組みだと思う。自分もよく飲む。インスタントコーヒーや、砂糖や乳化剤の入った缶コーヒーとは違って深みがある。


もっと美味しいコーヒーもある。コーヒースタンドなんかに行けば1000円前後のスペシャルティコーヒーが飲める。スペシャルティのきちんとした定義は知らないけれど「品種や農園の特定された高品質な豆」だと理解している。品質は原産国からの運送時の温度管理や悪い豆を取り除くことで大きく変わるらしい。手間がかかっている。その分味や香りは豊かで、豆や焙煎法の個性が出る(distinctiveになる)。


この100円のコーヒーと1000円のコーヒーは、これまでの多消費社会とこれからの個の時代に比喩できる。


天候条件や政治リスクに左右されず、ある程度の質の豆を決まった量を商社とかが仕入れる。ポートフォリオを組む。味が均質になるようにブレンドする。豆のえぐみがでないよう深煎りにする。油の酸化(表面のテカリ)をごまかすため砂糖とか入れて飲む。全部想像の話だけれど。これらのシステム織りなす極み、機能美とも言うべきか、それが100円のコーヒーだと思う。


同時に、100円で飲めるようになってよかったね、という話だけで終わって良いものかな、とも思う。


スペシャルティコーヒーの発端とも関連するし、すでにフェアトレードという言葉で問題提起がなされているように、質の高いものには真っ当な対価が支払われる仕組みができつつあるし、もっと広がれば面白いと思う。システム全体に支払う100円。農家や焙煎所やコーヒースタンドに払う1000円。


先週の日曜、グアテマラのエルインヘルト農園のゲイシャを飲みながらこういうことを考えていた。