Goodな生活

Goodな生活

それは、いきあたりばっちりな人生。being good and haphazard.

MENU

【映画】なぜ君は総理大臣になれないのか

f:id:good_na_life:20200718220235p:plain

観たきっかけ

先輩に勧められたもの。大島新監督による17年間にわたる小川淳也衆議院議員のドキュメンタリー。特に制作手法が映画関係者間で評価が高いと聞いた。政治家版の情熱大陸みたいなものか面白そう、という気持ちで映画館に向かった。

感想

非常に興味を引くタイトルである。なぜ総理大臣になれないのか。政治家としての資質や能力の欠如、職業としての向き不向き、有権者の無責任、タイトルだけで色んな想像をしてしまう。

全編を通して、組織の利益(党利党益)や地域への仁義と、個の信念の間で揺れる一人の男性の姿が描かれている。ここに浮かび上がってくるのは「出世しないと誰も話を聞いてくれないし、何も変えることができない」という、至極真っ当な論理である。選挙区で勝たなければ、党内での発言力は得られない。目先の選挙で結果を残すために腐心する。

映画の終盤で「小川は政治家に向いていないのではないか」と小川議員の家族が話す。小川議員自身もそれを認めている様子だ。家族や周りの親しい人、誰に頼まれた訳ではない。辞めたければ辞められる。何としても権力を得たいという欲望がない。私欲がない。そしてそれこそが政治家としての欠点であると、本人も認めている。

小川議員は元々総務省の官僚だった。政治家に転身した理由として、総務省の中で出世しても日本を変えることができないからだと説明する。形式上省庁のトップは大臣であり、官僚にとって大臣はお客様である。その大臣よりも影響力のあるのが省庁のOB。この構造の中で戦い続けても、自分の信念を実現することができない。

政治家にとっての成功とは何だろうか。成功。政治家に限らず何らかの組織の中で働くほとんどの人にとっての共通の問いだろう。その答えの一つが、それぞれの組織の評価体系の中で結果を出すこと、つまり出世だ。しかしこの映画はサクセスストーリーではない。なぜ総理大臣になれないのか、つまりなぜ政治家として出世できないのか、を描いている。組織の中でうまく立ち回るしたたかさ、政局を読み目の前の勝負に勝つための戦略思考は、どんな組織で働くにせよ、必要なものだろう。それでは、出世できないことは失敗なのだろうか。最終的な審判は選挙で有権者によって下される。いくら自分の言説がメディアに曲解されて伝えられようと、世襲議員ではないビハインドがあろうと、結果は結果である。

映画の冒頭で小川議員の印象に残る言葉があった。

「表面上は0対100に見えることでも、実際には49対51であることがある。51の側は選ばれなかった49の側の思いを引き受けないといけない。」

連日のコロナ禍対応やGoToキャンペーン等の報道を見ると、政治判断のプロセスが不透明な決定が多いように感じる。何に従ってよいか分からない、トップに対する不信の感情も高まっているように思う。しかしこれら一連の決定は、もしかすると医療と経済を天秤に掛けたギリギリの攻防の結果なのかもしれない。専門家の意見やエビデンスの整備を待つ時間もない状況で行われた苦肉の策かもしれない。誰が悪いとかそういう話ではないと思う。だから尚更、中身をよく知りもせずに政治家を馬鹿にしてはいけないなと思う。多分有権者側からこの意識を変えないことには、閉塞した、代わり映えのない、揚げ足を取り合うような政治の光景がこれから先も続いてしまう。もちろん建設的な議論のために批判は必要だ。ただし、その矛先が特定の人だけ、0か100の片方だけを向いてしまうとき、例えば上述のような見えざる攻防に対する想像力を働かせる努力はしたいと思う。

後日考えたこと

「51 vs 49」の言説に関連して思ったこと。政策立案前の反対意見の大小と、政策評価は相関するのだろうか。つまり事前に反対者が多かった政策は、やはり失敗するのか、満場一致で決定された政策はうまく機能するのか。これは政治学か経済学の守備範囲かは分からないけれど、きっと研究されていると思う。行政の誤謬と呼ばれる予言の自己成就のバイアスをいかにして取り除くか、が難しそうだけれど。選ばれなかった決定、起こりえなかった未来が、現在や未来に及ぼす影響に、今とても関心がある。