Goodな生活

Goodな生活

2017年、新卒で民間シンクタンク入社。学んだこと、考えたことの記録。

MENU

【読書】環境ナッジの経済学ー行動変容を促すインサイト

きっかけ

環境やエネルギー分野のEBPM、ナッジ事例を知るために購入。

感想

欧州や米国を中心とした、幅広い環境分野(省エネ、電気・燃料選択、水の保全、食品ロス等)のナッジ事例集(ケーススタディ)。同じテーマに対する複数のナッジ効果の比較や、日本で実施するときの課題やアクション等は触れられていない。A国ではBという条件なのでCができた、ことを抑揚なく説明される。参考にはなるけれど・・・という感じ。

これはナッジに限った話ではないものの、事例集には、既存研究や社会問題の中での位置付け(つまりそれは解決すべき問題なのかどうか)も併せた説明が欲しい。でないと引用のための参照先として使いにくい。本書の中で、英国における家庭の効率的なガス使用を促す事例がある。ボイラー技士のアドバイスのおかげで効率的にガスを使えるようになりました、という話。例えばここで、英国の家庭の使用エネルギー(電気かガスか)の比率や、なぜこれまでガスが効率的に使えてこなかったのか、主な用途(セントラルヒーティング?)などの説明も加えてほしかった。