Goodな生活

Goodな生活

いきあたりばっちりな人生を送る

植物性ミルクは牛乳を代替するか-環境負荷とナッジ-

カフェラテに適したオーツミルク 行きつけのコーヒー屋さんでオーツミルクの存在を知った。オーツミルクはオート麦(オートミールの原料)から作られる植物性のミルクである。試しにオーツミルクのカフェラテを飲んだみた。牛乳よりも後味がすっきりしている…

ホテルオークラの柿ピー

11月に初めて訪れて以来、ホテルオークラのバーに隔週で通っている。このバーでは、お酒のおつまみに柿ピーを皿に入れて出してくれる。おつまみというより突き出しのようなもので、ビールでもワインでも頼めば一緒に出てくる。皿が空になるとお代わりももら…

確率分布の定義は教科書に載っていない

シグマインベストメントスクールの統計講座で聞いた興味深い話。 多くの統計学の教科書には確率分布の定義が書いていないらしい(なぜなら厳密な定義は数学的に難しいから)。離散変数、例えば確率変数がサイコロの目だとすると、確率分布は確率変数と確率の…

飢餓感・渇望感を伴う読書

1月に引っ越すことが決まったため、少しずつ物を捨て、荷造りを始めた。家具は売ったり誰かに上げたりして処分すればいい。問題は本。とりあえず段ボールに詰め始め、そういや今の家に越してきてから3年半でほとんど読まなかったものもあるなあと気づいた。…

【統計検定1級】代表的な確率分布

統計検定1級の学習メモ。代表的な確率分布について。 離散型確率分布 2項分布 ベルヌーイ試行とベルヌーイ分布 ベルヌーイ試行の一般化による2項分布の導出 最尤推定量 フィッシャー情報量 最尤推定量はUMVE 幾何分布 最尤推定量 ポアソン分布 ポアソン少数…

最尤推定量とクラメール・ラオの不等式

統計検定1級の学習メモです。 最尤推定量 クラメール・ラオの不等式と有効推定量 スコア関数とフィッシャー情報量 フィッシャー情報量の性質 クラメール・ラオの不等式 不等式の証明 参考 最尤推定量 確率密度関数をもつ母集団から得られた、個の標本に対し…

生きているうちに

悲しい知らせを受けた。6年前、大学4年生のときに参加した内閣府事業のマレーシアの同期が亡くなった。彼女は自分と同じぐらいの歳だと思う。 みんなで彼女宛のメッセージをFacebookに投稿しようという話になり、彼女と一緒に撮った写真にそれぞれ一言二言書…

100円のコーヒーと1000円のコーヒー

100円で飲めるコンビニのコーヒー。短い時間で機械が豆を挽いて抽出までしてくれる。画期的な仕組みだと思う。自分もよく飲む。インスタントコーヒーや、砂糖や乳化剤の入った缶コーヒーとは違って深みがある。 もっと美味しいコーヒーもある。コーヒースタ…

長く続けることの大切さ

先輩に聞いた話。外資系企業は求人のためにジョブディスクリプション(JD)を公表している。JDには職務内容だけではなく、必要な経験や学位等も記載されている。これらの情報のうち、身に付けるのに時間がかかるのが経験年数だと。例えば35才で転職するとき…

【R】【データ前処理】はじめてdplyrを使うときに調べたことメモ

R

参考にした本 必要な準備 インストール データセットを読み込む フィルターをかける 一つの条件 複数条件の場合 条件の否定 グループごとに集計する カウントする 平均や分散を出す 複数の単位で集計 一回集計したあとに再度集計 条件下で新たな変数を作る …

沖縄について知らなかったこと

皆さまは沖縄についてどんなイメージを持っていますか?本州は関西出身の自分にとっての沖縄は、沖縄戦、ひめゆりの塔、基地問題など、太平洋戦争とアメリカに翻弄された悲しい場所であると同時に、サンゴ礁の豊かな南国で時間がゆっくり流れる場所、という…

筆者とブログのご紹介

はじめまして。筆者とこのブログの紹介をさせていただきます。 筆者について 大学時代(経済学部) 大阪で過ごしました。学部3年時に、商学部の起業家・経営組織論のゼミに参加し、社会科学の面白さに気付きました。その後、方法論としての実証分析に興味を…

なぜ日本人は蒸留酒を薄めて飲むのか

日本ソムリエ協会の例会セミナーに行ってきました 焼酎を水やお茶で割る不思議 焼酎の匂い 与那国島の花酒と洗骨 www.sommelier.jp 日本ソムリエ協会の例会セミナーに行ってきました 初参加です。私はソムリエ協会の会員ではないため、セミナーには一般参加…

ゆたかさとは有限であり共有できること『モモ』

モモ (岩波少年文庫)作者:ミヒャエル・エンデ,大島 かおり発売日: 2017/07/20メディア: Kindle版 お世話になった先輩が愛読書だと語っていたのを聞き、読んでみることにした。小学校のときからこの本の存在自体は知っていたものの、なかなか読む機会がないま…

『紫禁城の黄昏』を読んで

紫禁城の黄昏―完訳 (上)作者:R.F.ジョンストン発売日: 2005/03/01メディア: 単行本紫禁城の黄昏―完訳 (下)作者:R.F.ジョンストン発売日: 2005/03/01メディア: 単行本 読んだきっかけ 清朝の最後の皇帝溥儀の生涯を描いた映画、『ラストエンペラー』の原作。…

立山登山と『黒部の太陽』

黒部の太陽作者:木本 正次メディア: 文庫2020年9月、立山登山の道中で黒部ダムを訪れたこと。登山後に読んだため、具体的な地理のイメージをもって読むことができた。当時(1956年着工)の国内の電力需要のひっ迫度合いと、黒部ダム建設の経緯が説明されてい…

【統計検定準1級】自己回帰(AR)モデル(2018年6月過去問)

はじめに この記事では代表的な時系列モデルであるARモデルについて扱います。統計検定準一級の2018年6月の過去問を解きながら理解を深めます。 はじめに ARモデル ホワイトノイズ 定常性 自己相関と偏自己相関 自己相関 偏自己相関 Rで可視化 過去問解答 [3…

【統計検定準1級】クラスター分析(2017年6月過去問)

はじめに この記事では統計検定準1級レベルのクラスター分析について扱います。内容の多くは2017年6月の過去問を参考にしています。まずは統計検定準1級の出題範囲表を確認します。だいたい以下の内容が抑えられればよしとしましょう。 大項目 小項目 項目例…

【燕岳~大天井岳~常念岳】初アルプス縦走での気づきメモ

先日初めてアルプス登山に挑戦しました。初アルプス、初縦走、初テント泊です。今回準備したもの、今後準備した方がよいものをメモします。 今回準備したもの・持ち物 寝具 調理器具・食べ物 衣類 靴 身の回りの物 その他 今回準備したもの・持ち物以外 宿泊…

『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』を読んで

モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関 (集英社文庫)作者:落合 信彦発売日: 1984/09/20メディア: 文庫 きっかけ 映画『ミュンヘン』を観たこと。先日天満橋の古本屋で100円で購入。 メモ モサドが指導者によって濫用された例はない。民主主義政治が…

【統計学用語】Estimand, Eatimator, Estimatesの違い

用語の定義 Estimand (推定対象):関心のあるパラメータ Estimator(推定量):Estimandを導出するためのアルゴリズム Estimates(推定値):Estimatorの出力値 OLSにおけるEstimand, Estimator, Estimates 単回帰を最小二乗法(OLS)で推定する場合のEsti…

選ばれなかった側の意見をいかに政策に組み込むか『なぜ君は総理大臣になれないのか』

観たきっかけ 先輩に勧められたもの。大島新監督による17年間にわたる小川淳也衆議院議員のドキュメンタリー。特に制作手法が映画関係者間で評価が高いと聞いた。政治家版の情熱大陸みたいなものか面白そう、という気持ちで映画館に向かった。 感想 非常に興…

【山形・朝日町】ホストファミリーとの再会

約6年振りに山形を訪れた。先日部屋の掃除をしていたところ、出し損ねた古い手紙を見つけた。それは2014年、僕が大学4年次に参加した内閣府東南アジア青年の船事業(SSEAYP)でお世話になった、山形のホストファミリーに宛てたものだった。当事業の一環で4日…

【Mostly Harmless Ch.3.4.3】平均への回帰

はじめに この記事は、平均への回帰(regression to the mean)を扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.3"Why is Regression Called Regression and What Does Regression-to-the mean M…

【Mostly Harmless Ch.3.4.2】非線形モデルと限界効果

はじめに この記事ではTobitやProbit等の非線形モデルと限界効果(marginal effects)を扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.2"Limited Dependent Variables and Marginal Effects"を参…

【Mostly Harmless Ch.3.4.2】COP効果

はじめに この記事では、平均処置効果の構成要素の一つであるCOP効果(Conditional on Positive Effects)を扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.2"Limited Dependent Variables and Ma…

【Mostly Harmless Ch.3.4.2】制限従属変数

はじめに この記事では制限従属変数(Limited Dependent Variable;LDV)を扱います。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.2"Limited Dependent Variables and Marginal Effects"を参考にしていま…

【Mostly Harmless Ch.3.4.1】重み付け回帰

はじめに この記事では重み付け回帰(加重回帰;weighting regression)を扱います。詳細には踏み込まず、簡単な説明に留めます。内容はJoshua D. Angrist & Jorn-steffen Pischke (2008)『Mostly Harmless Econometrics』Ch.3.4.1"Weighting Regression"を…

闘争への内なる欲望を感じる『沈まぬ太陽』

沈まぬ太陽(一~五) 合本版作者:山崎 豊子発売日: 2015/03/20メディア: Kindle版 きっかけ 先輩と飲みに行ったときに勧められてkindle版を購入。初めて読む山崎豊子作品。 感想 第一、二巻「アフリカ篇」はかなり楽しく読めた。第三巻「御巣鷹山篇」の中盤…

TOEFL対策用オンライン英語レビュー【Z会】【Best Teacher】

昨年から今年にかけて、会社の福利厚生制度を使ってオンライン英語サービスを受講しました。どちらもTOEFL iBTのライティング対策です。せっかくなので私見でレビューします。Z会はどちらかと言うと上級者向け、ある程度英作文力が備わった人がさらにレベル…