Goodな生活

経済学修士→環境コンサル→データサイエンス

8月の振り返り:新しい練習法の取り入れ

前回の振り返りから約1ヵ月が経過。日々のバイオリン練習で新たな方法を取り入れたので、その試行錯誤なんかをメモする。 出典:フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com) 半音上げ(A→B♭) 周波数を測る ピアノの伴奏と合わせる 今後の予定 (余談)ザックカ…

『実力も運のうち 能力主義は正義か?』能力主義の根底にあるプロテスタンティズム

実力も運のうち 能力主義は正義か?作者:マイケル サンデル早川書房Amazon今年発売されたマイケル・サンデル教授の新書。原題は『Tyranny of Merit』、メリット(業績、功績、能力)による専制政治。邦題にある能力主義(メリトクラシー)とは生まれや身分で…

ホテルオークラ ワインアカデミー『各国ワインの捉え方』第3回アメリカ 

第1回のイタリアワイン、第2回のフランスワインに引き続き、第3回はアメリカワインです。 4月末に開講した第31期ワインアカデミーですが、あと1回で終わりとなると少し寂しい気もします。 当日のワインリスト 印象的だったのは3,5,6本目。 1本目 Breakneck C…

【ホテルオークラのソムリエに教わる】ソムリエナイフとコルクプル

オリンピックが終了したので、ホテルオークラのワインアカデミーの再開です。第1回のイタリアワイン、第2回のフランスワインに続き、今回はアメリカワインです。講座の開始前にワインの開栓に使うソムリエナイフとコルクプルの使い方についてご説明をいただ…

『知的生活の方法』読書"道"を極める人のために

大学生時に一度読んだことがあるのだが、当時は研究者の卵に向けて書かれたハウツー本という印象だった。しかし今回、改めて読んでみると、本書は読書”道”を究めた著者による入門書ではないかと思えた。道というのは、思想と作法の両方の要素を含む、という…

『小林・益川理論の証明 陰の主役Bファクトリーの腕力』

今年4月、著者の立花隆氏の訃報が流れた。ちょうどそのタイミングで先輩に勧めていただいた本である。本書は2008年ノーベル物理学賞を受賞した小林・益川両教授の提唱したクォーク*1の理論の証明のプロセスを追ったドキュメンタリー。証明の主役は、つくば市…

【2021年7月】統計検定準1級の受験振り返り

統計検定を受験しました 試験の手ごたえ やったこと これからやること CBT方式が始まってた 統計検定を受験しました 先月6月21日(日)統計検定準1級を受けてきました。2020年の試験が新型コロナウイルス対策のため中止になり、今年の受験に向けてゆるゆると…

7月の振り返り:右手の動き、ゴールを意識した練習

早いもので7月も終わりです。発表会まで残り130日となりました。前回の振り返りから約1ヵ月が経ちました。 出典:フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com) 良かった点 ボウイングが安定してきた。何かデータを取った訳ではないため体感ではあるが、弓の震え…

実験計画法(4)分割法

分散分析、乱塊法に引き続き実験計画法についてのメモ。 分割法の考え方 完全無作為法による1次因子の繰り返し 乱塊法による1次因子の繰り返し 分割法の検定精度 参考文献 分割法の考え方 あるコーヒー農園で次のような実験を行う。3つの品種(A,B,C)と2つ…

必要なのは自由ではなく制約ではないか『自由からの逃走』

個人の不安を取り除くためのプロテスタンティズム 中世社会には個人的な自由はなかった。階級や地理的な移動の機会はなく、職人や百姓は一定の場所、一定の価格で生産物を売る。ギルドの構成員は排他的な経済活動を行う。社会階層との結びつきの強い社会だっ…

実験計画法(3)乱塊法

乱塊法の構造式(モデル) 乱塊法の検定精度 参考文献 乱塊法の構造式(モデル) 乱塊法では実験条件が同一であるブロック因子を、実験結果に影響を与える1つの因子だと考える。分散分析の構造式にブロック因子を足せばよい。一元配置分散分析の構造式は、 …

冗談に溢れた人生とは

最近、「冗談」という言葉がタイトルに入っている2冊の本を読んだ。1冊目は物理学者リチャード・ファインマンの自伝『ご冗談でしょう、ファインマンさん』。2冊目は元PLAYBOY編集長島地勝彦の『人生は冗談の連続である』。どちらも含蓄に富む素晴らしい本だ…

『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』

沖縄から貧困がなくならない本当の理由 (光文社新書)作者:樋口 耕太郎光文社Amazon 自尊心のなさこそが、沖縄が貧しい根本の原因であると、筆者は繰り返す。沖縄の貧困の理由を、県内の1次、2次産業比率の低さ、補助金への依存等の経済・社会構造ではなく、…

実験計画法(2)分散分析

分散分析とは 一元配置分散分析 構造式(モデル) 帰無仮説 検定統計量の算出 水準ごとの平均値の点推定 (補足)TSS = BSS + WSSの証明 二元配置分散分析 構造式(モデル) 分散分析表 帰無仮説と検定統計量 参考文献 分散分析とは 分散分析は実験計画法の1…

実験計画法(1)フィッシャーの三原則と乱塊法

実験計画法 フィッシャーの実験の3原則 3原則を満たす乱塊法のイメージ 実験計画法 実験計画法(experimental design)とは、取り上げる対称についての結果とそれに影響しそうな要因との関係を調べるため、時間・コスト等の制約を考慮しながら計画的に実験を…